現在のレーザー脱毛

レーザー脱毛は、現在医療機関で受けられる脱毛方法です。
日本人用に開発されたものは、黒い毛に反応し、毛の中のメラニンを吸収は、熱の効果で毛根と毛包を破壊するものです。
ですから、その後その部分からの発毛ができなくなり、高い脱毛効果が得られるということになります。


黒いものに反応することで、皮膚へのダメージも少なく、毛だけを攻撃することで、安心で安全な脱毛といえます。
医療機関でしか受けられないというのは、レーザー脱毛の取り扱いが医師しかできないためです。
もともとは、美容用ではなく、事故やケガなどで施術するために開発されたものです。
ですから、医療行為の一つとされていましたが、最近レーザー脱毛というと美容用の脱毛が主な目的になるとされています。


完全なレーザーによる脱毛の他に減毛という方法もとられています。
これは、毛包だけに攻撃を与えることで、産毛は生えるように工夫されたものです。
つるつるの肌ではなく、少しは毛がほしいというニーズに対応したもので、毛包だけを攻撃できるレーザー脱毛もあります。


以前は永久脱毛という言葉がありましたが、人間の毛穴は無数にあります。
レーザー脱毛の回数にもよりますが、現在は、永久脱毛という言葉はあえて使用しません。
しかし、ほぼ発毛しない状態にまで、レベルを上げることは可能です。
その方のニーズにもよりますが、最低限のムダ毛処理をしなくても良い程度、産毛は生やしたいなど、それぞれの好みに合う脱毛ができるようになってきました。


▼外部リンク▼
光脱毛で全身脱毛施術を行ってくれるエタラビというエステサロンです → エタラビ(エターナルラビリンス)

Copyright © 2014 レーザー脱毛の功罪 All Rights Reserved.